自分にとって最強に相性の良いまつげ美容液を見つけよう!

広告

結局どんなまつげ美容液を選んだらいいの?

日本人のまつげは平均的に短いと言われています。

お人形のようなフサフサのまつげに憧れるという女性もたくさんおられます。近年、まつげコンプレックスを解消するまつげ専用の美容液が人気を集めています。

商品は価格も成分も多種多様となり、数あるまつげ美容液の中からどう選ぶかによって、効果の出方も変わってきます。

アイラシードは、有効成分キャピキシルを高配合したまつげ美容液です。美容皮膚科医と共同開発で無添加にこだわった、まつげケアと発毛サポートの2役を叶えるおすすめまつげ美容液となります。

 

バッチリまつげになりたい!まつ育に欠かせないまつげ美容液

パッチリと大きな目元は女性の愛らしさを引き立たせる重要なポイントです。

なかでも長くてツヤのあるしっかりとしたまつげは女性の憧れです。「まつ育」という言葉が誕生するほど、長くて健康な自まつ毛を育てるためのまつげケアに注目が集まっています。

まつ育には、まつげにとって必要な成分が配合されたまつげ美容液がおすすめですが、たくさんのメーカーから販売されており、どの商品にすればよいか悩むという人も少なくありません。

まつげ美容液は成分で選ぶ

ここでは、まつげ美容液の選び方のポイントについて紹介します。

まつげ美容液の選び方として、成分で選ぶことが基本となります。

まつげに対する悩みは人それぞれに異なりますので、自分のまつげのコンディションに最適な成分が入っているまつげ美容液を選択することが大切です。

まつげの悩みによって選ぶべき成分が違う

まつげ美容液はどれも同じと考えていませんか?

まつ毛美容液は、それぞれ配合されている成分が異なりますので、実感できる効果も違ってきます。まつげの悩みは人によって違いますので、自分の悩みに合わせた成分から最適なまつげ美容液をチョイスすることが大切です。

例えば、まつげの発毛促進効果を実感したいなら、キャピキシルやグロースファクターという成分が配合されたまつげ美容液を、ハリのある健康なまつげにしたいならパンテノールやセンブリエキス、オタネニンジン根エキスなどが配合されているものがおすすめです。

目の周りに使うものだから低刺激なものを選ぼう

まつげ美容液は、まつげの生え際や目元に使う美容液です。顔の中でも皮膚が薄く、敏感な部位となりますので、パラベンやシリコン、合成香料、合成着色料、紫外線吸収剤など、肌の刺激になる成分がなるべく含まれていないまつげ美容液を選ぶことが大切です。

安全性を無視して安さだけで購入してしまうと、肌に刺激を与える成分や、肌やまぶたにとってトラブルを引き起こす成分が入っているリスクがあります。

できるだけ肌に優しい低刺激の商品を選ぶことをおすすめします。

効果的なまつげ美容液の成分を目的別に紹介

自分のまつげの悩みに合わせて商品を選ぶ際、知っておきたい成分を目的別に紹介します。成分を見ても、どのような効果があるのかわからなければ、選ぶことができません。

ここに紹介する成分は、まつげの長さやツヤ出し、密度を濃くしたい、ハリ・コシを与えたい、さらに、ダメージを受けたまつげの修復などの効果が期待できるものとなっています。

まつげの長さを伸ばしたい

まつげが短くて、1本1本の長さを伸ばしたいという方は、まつげの成長期に伸びる期間を延長する効果がある成分、ビマトプロストイソプロピルクロプロステネート、デクロロ・ジヒドロキシ・ジフオロ・エチルクロプロスタノールアミドなどの成分配合のまつげ美容液がおすすめです。

ただし、ビマトプロストは、医薬品に指定されている成分となるため、強い効果がありますが、副作用も伴います。副作用のリスクについてもしっかりと理解して使用することが重要です。

まつげの密度を濃くしたい

まつげが抜けていて、スカスカしているように見えるという方には、発毛成分のキャピシル、グロースファクター、オクタペプチド-2などの成分配合のまつげ美容液がおすすめです。

特に、キャピシルは病院が治療で使うこともあり、抜け毛や薄毛治療の分野でも有名な成分で、育毛剤にも使用されている話題の成分となります。

ハリやコシを与えたい

まつげにハリやコシがなくて元気がないという方は、オタネニンジン根エキス、パンテノール、海藻エキス、褐藻エキスなどが配合されたまつげ美容液がおすすめです。

有効成分によって、まつげにハリやコシを与え、丈夫で健康的なまつげの育成に効果を発揮するとされています。

また、これらの成分はトリートメント効果も与えることができるため、まつげ美容液によく使用される成分となっています。まつげに栄養や水分を補給することで、まつげが本来持つハリやツヤを取り戻すために役立ってくれる成分となりますのでたいへんおすすめです。

痛んだまつげに栄養を与えたい

アイメイクの際にビューラーで強く引っ張ったり、バッチリメイクを落とすときにゴシゴシ擦るなど、毎日のアイメイクによるまつげのダメージには、まつげの元となる主成分ケラチンの生成に不可欠なビタミン成分「ビオチン」配合のものが効果的です。

さらに、ダメージを受けたまつげを修復する効果がある「加水分解シルク・シルクアミノ酸」などの成分で、まつげに不足している栄養分を届けてあげるとより高い効果を発揮してくれます。

まつげにツヤが欲しい

まつげも乾燥によってダメージを受けますので、お肌の保湿ケアのように、まつげにもケアが必要です。特に、冷暖房で乾燥する季節には、まつげが乾燥してパサパサになったり、抜けやすくなりがちです。

乾燥でまつげがパサパサしているという方には、まつげに潤いを与えてツヤ出し効果があるグリセリン、ヒアルロン酸などの成分、さらに、補給した水分を逃さないように閉じ込める働きがある、トレハロースなどの成分が配合されたまつげ美容液を選びましょう。

まつげはもちろん目元もケアしたい!

健康なまつげを育てるには、健康な目元作りが重要なカギを握ります。まぶたの周りが健康になることで、そこから生えるまつ毛の生成にもよい影響を与えてくれるためです。

美肌効果に優れたプラセンタや、血液やリンパの流れを促進してくれるアセチルテトラペプチド配合のまつげ美容液がおすすめです。また、お肌のダメージ修復に貢献してくれる成分グロースファクターな、加齢とともに減少してしまいますので、美容液で補ってあげるとさらに効果的です。

話題のキャピキシル配合の無添加まつげ美容液アイラシード

まつげにとって有効な成分が配合されたまつげ美容液を選ぶなら、育毛剤にも利用される今注目の成分「キャピシル」配合のアイラシードがおすすめです。

肌への負担となる合成香料、合成着色料、シリコン、鉱物油、紫外線吸収剤、オイルが無添加仕上げとなっており、6つのフリーを実現しています。

さらに、厳しい品質管理体制のもと、国内工場で製造されている点も、デリケートな目元に使うまつげ美容液として重要なポイントになります。海外製品の場合は、強い刺激の商品も多く流通していますので、敏感な目元に使用する化粧品は、やはり安全なものを選びたいものです。

最強のまつげ美容液とは?

数多くのまつげ美容液のなかで、どの商品にするか迷ったときに選ぶと間違いない、最強のまつげ美容液とは、自分が理想とするなりたいまつげに導いてくれる成分が配合されているものがおすすめです。

さらに、デリケートな目元のことを考えて、余計な刺激物となる成分無添加で、肌に優しいものが、安心して使い続けられる最強のまつげ美容液と言えます。

まとめ

まつげ美容液を買うときに迷ったら、健康なまつげに必要な成分配合で、肌に優しく安心して使える成分のものを選ぶことがポイントです。

購入前に必ず商品の成分をチェックするようにして、効果が実感できる成分が配合されていて、なおかつ肌に刺激となる成分が入っていないまつげ美容液の選択がおすすめです。

まつ育に高い効果のあるまつげ美容液を塗ることで、フサフサで健康なまつげを手に入れることができます。

広告