まつげ美容液はいつ使えばいい?ベストなタイミングを解説

広告

まつげ美容液の正しい使い方知っていますか?

濃くてハリのあるまつ毛をしていると、目元の印象がより素敵に見えるものです。そんな魅力的な目元にしたいという方には、まつげ美容液をお勧めします。

まつげにつけることによって、まつげを丈夫で濃い状態に導いてくれるアイテムです。

まつげ美容液は正しい使い方を理解した上で使用しなければなりません。目元につける化粧品のため、正しく慎重に使う必要があります。

様々なタイプのまつげ美容液が販売されていますが、商品の購入の際にはまつ毛にハリをもたらし、また同時に育毛効果も期待できる商品を選ぶことが大切です。

その点アイラシードはまつげを太く丈夫な状態にし、また育毛効果も期待できる商品です。

 

まつげ美容液をつける回数とタイミング

まつげ美容液はまつげにハリや保湿効果をもたらす、また、まつ毛を強く育てるといった効果があります。

まつげ美容液は、つける回数やつけるタイミングが重要なポイントになります。

まつげ美容液のタイプや商品によってつける回数は異なっていますし、またつけるタイミングによって効果をを実感しやすくなります。そこで、

まつげ美容液は1日に何回つければいいのか、またつけるタイミングについて説明したいと思います。

朝のスキンケアの最後に

朝のスキンケア時には、乾燥防止や育毛促進のためにまつげ美容液を使用します。

まつげ美容液をつけるタイミングは、化粧水や乳液などを肌につけた最後に使用します。まつげに汚れが付いていないほうが、まつげ美容液の成分をまつ毛の内部に浸透させやすくなります。

まずは洗顔で肌とまつげの汚れをしっかり落とします。そのまま、まつげ美容液をつけると肌が乾燥してしまいます。そのため、洗顔後はスキンケアを優先して行います。

またメイクをする場合には、スキンケアを行ってまつげ美容液をつけた後に行っていきます。まつげ美容液が十分に乾いた状態でメイクを行うようにしてください。そうすればアイメイクがにじんだりせず、きれいに仕上げることができます。

夜の就寝前に

睡眠中は肌や髪だけではなく、まつげも乾燥してしまいます。そのため、まつげの乾燥予防のために、就寝前には保湿効果のあるまつ毛美容液でまつげにしっかりと保湿を行っておく必要があります。

睡眠中にはまつげの成長を促す成長ホルモンが分泌されます。まつげが潤っているとまつ毛が成長しやすい環境を作ることができます。

またまつげ美容液の中に育毛成分が配合されているタイプでは、成長ホルモンが分泌されている時間帯にまつげ美容液をつけていると、まつげの成長をより促すことができます。

そのため、寝る前には十分な量のまつげ美容液を使用し、まつげに潤いを与えておく必要があります。

特に冬は年間を通して乾燥が気になる時期です。冬はよりまつげの保湿を行う必要があります。

一度まつげ美容液を塗布していても、しばらく時間が経過すると乾燥してしまうことがあります。このような場合には、再度まつげ美容液を塗布するようにしてください。

基本的には1日2回の使用が望ましい

まつげ美容液の中でも、まつげに保湿やハリを与えるタイプは、1日2回を目安として使用します。

このタイプでは、肌のスキンケアと同様に、まつげのケアを行うために使用します。そのため、朝晩のスキンケアにプラスして行っていきます。

これに対してまつげの育毛を促すタイプの商品は、一般的に寝る前に使用します。そのため1日1回使用するだけで十分です。

どちらのタイプも使用する前に、説明書を見て1日に塗布する回数を必ず確認するようにしてください。必要な回数を超えて使用しても、より高い効果を得ることはできません。

まつげ美容液の効果を高めるためのポイント

まつげ美容液を毎日塗ることで、育毛効果や保湿といった効果を期待することができます。

ただ正しい方法を知った上で、丁寧に塗るようにすることが大切です。まつげ美容液の効果を高めるためには、正しい方法を実行する必要があります。

初心者の方は塗り方が自己流になってしまいがちです。

そのため、まつげ美容液を使用する前に基本的なポイントを知っておくことが大切です。その上でまつげ美容液を使用するようにしてください。

目元をマッサージしてから塗る

まつげ美容液に含まれている成分がまつ毛にしっかりと浸透するためには、目元の血行を良くしておく必要があります。血行が良くなると、まつげ美容液を受け入れやすい状態になります。

目元の血行を良くするためには、ホットタオルで優しく目元を押さえるようにして温めると効果的です。また指先で優しくマッサージをすることで、肌に負担をかけずに血行を促進する事ができます。

目元にホットタオルを当てたりマッサージをする際には、目元が痛くなったりしないように気をつけてください。目元は顔の中でも特に肌が薄いため、刺激に対してデリケートな部位といえます。

そのため、圧力を加えすぎないようにしてください。

毛先ではなく根元に塗る

まつげ美容液はまつげの毛先ではなく、根元に塗っていきます。

まつげ美容液に含まれている成分は、まつげの根元から吸収されるため、まつげの毛先だけに塗ると、効果が実感しにくくなってしまいます。乾燥予防やハリを持たせるために、根元から毛先まで塗る事が大事です。

まつげ美容液をつける時には、細かく塗るためにチップを使用します。まず根元にしっかりとまつ毛美容液を塗ります。その次に、毛先の方に向かって塗っていきます。

目の周囲にまつげ毛美容液を塗るため、目に入らないように、丁寧にゆっくりと作業を行うことが大切です。

毎日使い続ける

まつげ美容液は化粧品のため、即効性は期待できません。

そのため、効果が実感できるまで根気よく毎日塗るようにしてください。最初の目標として、1ヶ月をマ目安に使用しましょう。

まつげ美容液の効果として育毛効果が挙げられますが、育毛効果を実感するまでにはしばらく時間がかかることが多いものです。

そのため、毎日必ずまつげ美容液を塗るようにしてください。ただハリや保湿効果は早い段階で実感することが多いものです。

敏感肌の人はパッチテストを行う

個人によって肌質が異なりますが、中には敏感肌の方もいます。

敏感肌の方は化粧品によって刺激を感じてしまうことがあります。まつ毛美容液は商品によって成分が異なります。中には肌が刺激を感じてしまう成分が含まれている場合もあります。

敏感肌の方は、まつげ美容液を使用する前にパッチテストを行うようにしてください。また商品を購入する前に、低刺激なタイプを選ぶことも大切です。

ただ普通肌の方でも商品によって合わない成分が含まれている場合があります。そのため、安心して使用するために、パッチテストを必ず行いましょう。

まつげ美容液は無添加のアイラシードがおすすめ

まつげを濃くし、また長くしたい方はアイラシードがおすすめです。

まつげの毛球細胞の代謝を刺激するビオチノイルトリペプチド-1、パンテノール、グリセリンといった成分がまつ毛に保湿効果を与え、濃くはっきりしたまつげのある目元に導いてくれます。

またアカツメクサ花エキス、アセチルテトラペプチドが配合されており、まつげの伸長をサポートし、発毛を促進する効果が期待できます。

アイラシードは合成香料、合成着色料、シリコン、鉱物油、紫外線吸収剤、オイルといった成分を配合しておらず、肌に対して優しいという特徴もあります。

そのため、敏感肌や肌荒れしやすい方でも、毎日安心して使用いただけます。

 

まとめ

まつげ美容液にはまつ毛の発育や保湿効果を期待できる成分が配合されています。その際には商品の説明書に記載されている使用方法や使用回数をよく読み、その上で使用することが大切です。

またまつげ美容液の効果を高めるために、目元の血行を促進したり、根元にしっかりと塗るといったことも大切です。敏感肌の方は、特に肌に対して刺激のある成分が配合されていない低刺激の商品を選ぶようにして下さい。

広告